失敗談から学ぶ、注文住宅の成功の秘訣【知立版】

注文住宅にありがちな失敗談

土地に関する失敗

気軽に買い換えることができないので、絶対に失敗したくない不動産の購入。中でもよくわからなかった故に失敗することもあるの「土地」は、気をつける必要があります。

  • 初期費用を考えずに決めたので土地の予算がオーバーしてしまい、家自体に妥協をしなければならなかった。
  • 駅から徒歩で行くことができると説明があったが、実際に歩くと天候が悪い時など時間がかなりかかる立地だった。
  • 面積と立地だけで土地だけ先に決めてしまった結果、規制があったため希望の家を建てられなかった。

機能面・デザインの失敗

住みやすく愛着のわく家づくりには、デザインと機能のバランスが欠かせません。どちらかが偏ってしまい、住み始めて困ったという事例もたくさんあります。

  • デザインや間取りだけに集中した結果、断熱性やランニングコストに関しておろそかになってしまい、後悔している。
  • 楽さを重視して規格住宅にした結果、使いづらい間取であったことに後で気づき、後悔している。
  • こだわりがありすぎて、全てを満たそうとした結果、最終的な予算が生活を圧迫するほど膨れ上がってしまった。

土地探しのコツ

土地探しは自己流でやってしまうと危険がいっぱい。しっかりと条件を把握しないで購入してしまうと、思ったよりも費用がかかったり建物の要素を諦めなければいけないということもあります。

ベストな方法は、土地だけや家だけの一方を先に決めてしまうのではなく、一緒に同時進行で検討していく方法。初期費用・建物の値段も含めて、予算内で購入できるかを考えながら、「デザイン」「暮らし方」にフィットする土地、または「土地条件」と「ライフスタイル」に合わせた住宅を選ぶと、無理のないバランスの良い家になります。

また地域に密着した土地探しを得意としている会社や、実際に足を運んで不動産広告やネットに載っている以上の情報をしっかりと把握・リサーチしている会社に依頼をすることで、住み始めてから理想とのギャップを感じるということも少なくなるでしょう。

機能とデザインのバランス

土地探しと同じく、全体的にバランス良く考えなければいけないのが「機能」と「デザイン」。機能面は耐震や耐久だけでなく、2020年に予想されている「住宅の省エネ基準の義務化」も踏まえて、エコや断熱性にも優れた機能や設備が充実した住宅を選ぶことは大切です。長く住む家だからこそ、ランニングコストも少なく家計にやさしいメリットもあるので、ぜひこのポイントはおさえておきましょう。

間取りやデザインは、予算や施工期間の希望によっても変わってくるので、いちがいにどれがベストな住宅タイプかを決めることはできません。しかし大事なのは、無理なく快適に暮らし続けられるデザインであるということ。しっかりとヒアリングを行なった上で、家族にとって一番良い家を提案してくれるパートナーを見つけることが大切です。多くの施工事例や引き渡し実績がある会社であれば、より具体的にベストな組み合わせ・インテリアコーディネートを提案してくれるはずです。

知立で分譲地を複数保有する 耐震性能に秀でた工務店3選
ハウスジャパン
ハウスジャパンの施工事例
引用元:ハウスジャパン
公式HP
http://www.house-japan.co.jp/order_house/カジュアルスタイル/
耐震等級 全棟3
参考坪単価 51.2万円
公式サイト

電話で問い合わせる

アーレックス
アーレックスの施工事例
引用元:アーレックス
公式HP
https://www.for-your-hearts-arex.com/works/22/index.html?y
耐震等級 3相当
参考坪単価 62.6万円
公式サイト

電話で問い合わせる

サンヨーハウジング名古屋
サンヨーハウジング名古屋の施工事例
引用元:サンヨーハウジング名古屋公式Facebook
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.370886763412805.1073741831.143825822785568&type=3
耐震等級 1シリーズのみ3
参考坪単価 71.8万円
公式サイト

電話で問い合わせる